円頓寺商店街とゲストハウスNagonoya

こんにちわ、伊勢のゲストハウス「ユメビトハウス」オーナーの水落です。

昨日は2ヶ月ぶりにお休みをいただきまして名古屋に旅行に行って来ました。

宿泊先は円頓寺商店街のゲストハウス「Nagonoya」さん。

実は僕、今は伊勢の伊勢銀座新道商店街で活動をしておりますが、その前は名古屋の円頓寺商店街で活動していました。

その当時は商店街の役員さん達と協力してアートフリーマーケットを企画運営したり、円頓寺商店街でゲストハウスを開業する為にワークショップやったり、シンポジウムやったり…

名古屋市の外郭団体である名古屋都市センターで市民研究員をして、商店街活性化につながるゲストハウスのモデル作りの調査をしたり…

そういう意味では思い入れのある地域の一つでもあります。

この地域は古名で「那古野(なごの)※現在も町名として残っている」と言い、これが現在の「名古屋(なごや)」の語源になったとも言われています。※ゲストハウス「Nagonoya(ナゴノヤ)」さんの名前もこの地名にちなんでいると思われます。

またこの商店街自体、名古屋で最も古い商店街とも言われ、江戸時代初期に徳川家康が名古屋城を建築(厳密には清洲城を移築)する際に建築資材を運搬する為に堀川を掘り、その建築資材の上げ下ろしで使われた辺りが円頓寺商店街になりました。

そんなわけで位置的には名古屋駅と名古屋城の中間(どちらも徒歩15分くらい)にあり、名古屋観光をする上でも便利な立地になっています。

最近は活性化の取り組みが成功し、新しい店もどんどん増え、アーケードも建て替える等、かなり良くなってきています。

僕が6、7年前に活動をしてきた時と比べると随分様子も変わってきていると感じます。

「NAGOYAza(ナゴヤザ) 」

新感覚の体感型エンターテイメント「ナゴヤカブキ」が見られるとのこと…これも僕が活動していた時にはなかったお店。

観劇だけじゃなく、飲食もできるとのこと。お食事は商店街内のお店からテイクアウトして持ち込むスタイルということで商店街活性化にも一役買っている。

演目が「丹下左膳」とかシブすぎる!殺陣やアクションがウリみたいです。現代風にアレンジしてる感じかな?

アーケードも新しく…元々の躯体を活かしたリニューアルかと思いきや建て替えたそうです。(予算とか各組合員への費用負担とかってどうなってるのかすごく気になる…うちの商店街でも遅かれ早かれ絶対出てくる課題…)

アーケードを支える支柱は錆による劣化防止の為にコンクリートで補強されているものと思われます。

その支柱についている証明もオシャレ出し、多分、ランニングコスト(電気代)を抑える為のライティングプランもけっこう練られたものなんじゃないかな?

商店街活性化の視察としてもとても刺激的で、また改めて学びに来たいと思える場所でした!

ゲストハウス「NAGONOYA」さんでは名物のタマゴサンドを頂きつつ、中庭にある稲荷神社を参拝したり(喫煙スペースも中庭にある)とゆったりすごさせていただきました。

名物のタマゴサンド。

この物件は元は純喫茶「西アサヒ」さんでその頃からに名物メニューを継承されています。

中庭にある小さな稲荷神社。

中庭の風情も乙なものです。

ドミトリーはカプセルベッド(ボックスベッド)でプライバシーがきっちり守られています。

他にもこの商店街周辺には江戸時代の蔵を活用したお店があったり、屋根の上に神社がある屋根神さまが残っていたりと町歩き自体も楽しい場所です。

名古屋観光をされる場合はぜひおススメの場所です。

ぜひ足を運んでみてくださいね!(^-^)

2018.09.27ブログ