今日から剣道の高校総体開幕!武芸の町、伊勢!

こんにちわ、伊勢のゲストハウス「ユメビトハウス」オーナーの水落です!

昨日から剣道の高校総体が始まっており、貸切の予約が入っています。

昨日は団体さんからのご要望もあり、松阪牛の牛丼を作って夕食会を開かせていただきました!

実は中学生の頃、剣道をやってましてちょっと懐かしかったりします。

剣道は夏場は防具が蒸れるし、冬場は防具が湿って冷たいしで、なかなかの苦行です。笑

でも合わせ技(相手の技に応じて打つ技…小手に対して相小手面など)が決まると気持ちが良いです。

伊勢は昔は武芸の地でもあったと聞いたことがあります。

名残としては志摩の伊雑宮(伊勢神宮内宮の別宮…日本三大御田植祭が有名)の近くに由緒正しい剣道場があったり、南伊勢町には剣祖と言われる愛洲移香斎(あいず いこうさい)という人が居て、陰流を編み出し、弟子の上泉信綱(かみいずみ のぶつな:柳生石舟斎の師)が新陰流を開いたとされており、年に一度、剣祖祭という剣術、剣道諸流派の奉納演武があります。↓

http://www.kirari1000.com/www.kirari1000.com.base_data.base_data.phpQkirari_cd=04315.html

新陰流を開いた上泉信綱も伊勢守(いせのかみ)と名乗っていたそうですので、伊勢と関わりがあったのかもしれません。(ちなみに余談ですが、宮本武蔵が闘った宍戸梅軒という鎖鎌の達人も伊勢の人と伝えられています。)

あと、今年の高校総体は開かれませんでしたが、弓道の聖地と言えば伊勢の神宮会館の弓道場で、大学生の東西線(東西の学生リーグのトップ選手同士が競う試合)や天皇皇后杯なども開かれます。(ちなみに僕は高校時代は弓道部でした)

ということで、日本武道をされてる方にとって伊勢志摩は何かと所縁がある土地だったりします。

伊勢志摩にご旅行の際はぜひゲストハウス「ユメビトハウス」にご宿泊よろしくお願いいたします。(^-^)

2018.08.10ブログ