ユメビトハウスについて

ユメビトハウスとは?

伊勢の商店街の空き店舗を改装したゲストハウス(交流型素泊まり宿)です。
ゲストハウスはいわゆる安宿でセルフサービスの形態ですが、他の安宿と違うのはお客さん同士で交流して旅の出会いを楽しめることです。
飲み屋街の近くにありますので、近くには美味しい居酒屋やスナックなどもありますが、ユメビトハウスのウリとしては、毎晩みんなで夕食パーティーをやっていることです。
ユメビトハウスはオーナーが昔、ゲストハウスに住んでいた経験から、「どこに行って何を見たかも大事だが、誰と出会いどんな交流があったかも旅の醍醐味である」という方針で運営しています。
またどうしても他のお客さんたちと共同生活となりますので、夕食パーティーを通してお互い仲良くなり、そこにコミュニティができることで他のお客さんともトラブル無く、楽しく過ごしていただけるとも考えています。
一人で来ても他のお客さんと友達になれてさみしくないですが、逆に他の人と交流しないで一人で過ごしたいというお客さんには向いていないかもしれません。
オーナーが町おこしに興味があり、商店街の組合の理事として商店街活性化に取り組んでいます。
一号館と二号館がありますが、二号館の一階には商店街のチャレンジスペースがあり、将来飲食店で起業したいという若者がお店を出せるようになっています。
町おこしや移住、伊勢での起業にご興味のある方はぜひお声掛けください。
ユメビトハウスには白猫のアルが住んでいます。
アパート・マンション暮らしで猫を飼えない方には、猫と触れ合う機会があり、ちょっとした猫カフェ状態(?)です。
重度の猫アレルギーや猫が苦手な方はご宿泊をご遠慮ください。

オーナー紹介

水落勝彦。 昭和55年生まれ、三重県四日市市出身。 自分自身、東京にいた頃に1年、名古屋で1年、計2年ゲストハウス(安宿)で暮らしていた経験があります。
東京の大学に進学後、5年間東京で働いていましたが、ご近所同士の挨拶も無い顔の見えない人間関係というのも気を使わなくて良いのは良いけど、もっとつながりの強い地域で地域に必要とされる生き方がしたいと思い、地元の三重に戻ってきました。
地元で活動していく中で伊勢銀座新道商店街の空き店舗を借りられることになり、伊勢に移住し、ユメビトハウスを設立。
商店街は高齢化や後継者不足に悩んでいます。
伊勢銀座新道商店街で、若者と地域をつないで伊勢を元気にしていく活動にも取り組んでいきたいと思っています。
  <活動歴>
・2012年1月 名古屋第二成人式(25歳の被選挙権獲得をお祝いするイベント)主催
・2012年10月 名古屋円頓寺商店街にて、アートパフォーマンスとアートフリマのイベント『大名古屋芸術祭』を主催
・2013年6~7月 伊勢銀座新道商店街「第13回 伊勢の夜祭」実行委員長
・2013年10月 名古屋円頓寺商店街にて、あいちトリエンナーレ2013パートナーシップ事業『れとろ・でら・あーと 四間道・円頓寺 まちかど芸術祭』を名古屋市西区区民生活部様、円頓寺商店街振興組合様、円頓寺本町商店街振興組合様、名古屋芸術大学様、西文化小劇場様と共催にて実施
・2014年6~7月 伊勢銀座新道商店街「第14回 伊勢の夜祭」実行委員長 その他、街づくりのさまざまな街づくりの取り組みに携わっています。
<現在の役職>
・伊勢銀座新道商店街振興組合 理事
 しんみちフードラボ委員会 委員長(飲食系チャレンジスペース)
 総務 副委員長(閉店舗対策・活性化委員兼任)
・伊勢市観光協会青年部 伊勢のまち発展委員会 委員長(2016・2017年度)
・伊勢商店街連合会青年部 会員